pictlayer

雨上がりの空

yuzora070830.jpg

傘を持って出かけたが、日が沈む頃には雨も上がり、
茜色に染まった空をビルの壁が映し出す。

空へと続く階段

sorae01.jpg

雨降って残暑収まる・・かな?

botanic009.jpg

朝方の激しい雷雨で目が覚める。
この調子では朝の散歩は無理だと、もう一度夢の中へ。
雨が少しは暑さを鎮めてくれるといいのだが。

犬と遊ぶ夏休み

chris07081501.jpg

熱波の都会で干涸びた体を冷たい川の水で潤し,
そよ風に涼む.
「快!」

inukaki02.jpg

地蔵盆の頃

jizoubon01.jpg

子供の頃は,地蔵盆が過ぎると、時折吹く秋風に一抹の淋しさを覚えたものです.
それは愁いを帯びた秋の風に子供心に反応したということもあるのでしょうが,そんな芸術的な情動よりも,ただただ楽しかった夏休みに別れを告げるのが辛いのと,残った山のような宿題にアタマを悩ませていたのでしょう.

水面

minamo070814.jpg

このあいだの激しい雷雨で一瞬涼しくなったのも束の間.
またまた残暑がぶり返してきた.
まだまだ水辺が恋しい.

minamo07081402.jpg

カノコの独り言(カノコユリ)

botanic007.jpg

久しぶりにZ-1+100mmマクロで撮った花の写真。
出来栄えはさておき、やっぱり一眼レフのシャッターの感触と
フィルムの柔らかさはいいなあ。

キャノンやニコンから相次いで新型機が発表されたが、こちらはもう暫く
古き良き時代のフィルム一眼と最新コンパクトデジタルで行くことにするかなあ。

白いベンチ

white.jpg

緑の屋根

letter_house.jpg

青の扉

blue_door02.jpg

蝉時雨

cicade.jpg

植物園の森に入ると,耳が痛いくらいの蝉の合唱に出くわす.
見上げると,ご覧の通り鈴なりの蝉・せみ・セミ.

cicade2.jpg

白昼夢

hakuchumu.jpg

昨日の京都の最高気温は公式発表では38.6℃.
アスファルトの路上や,炎天下の駐車場に止めた車内など,おそらく50℃を超えているのではないか?
道行く人も,意識朦朧状態だ.
こうなりゃもう、火の中さえ歩けそうな気がする.

HA・NA・BI 2007

hanabi07081501.jpg

植物園に代わって,お盆の夜空を飾るのは火の花.
満開の一瞬を捕らえるのは難しいが,下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる.

hanabi07081502.jpg

真夏の植物園

hieizan.jpg

お盆休みとは言え,炎天下の植物園は,さすがにこのとおり閑散としています.
植物たちも,猛暑で息切れ気味です.
職員さんが一生懸命散水していますが,これだけ広大な面積を潤すのは,並大抵ではありませんね.

natuzorarose.jpg

+ Read More

向日葵

Heineken

jitennsha2.jpg
 

ビールの話題ばかりで恐縮です.
街を歩いていても,ついついそちらの方にばかり
目が向いてしまうのです (>_<)*.

ベランダビアガーデン

jug.jpg

いやはや,昨日の京都は最高気温37.7℃.
もう,やってられまへんなあ.
夕食前にちょっとベランダに出てみると,日が沈んだ夕焼け空に,心地良い風が吹いていた.
おっ,これはいいぞと,アサヒビールのキャンペーンで当たったジョッキにキリンビールを注ぎ,にわかビヤガーデンで一杯やる.
やっぱり夏はこれでんがな!
たぶんビールがなかったら,夏を越すことは出来ないだろうな.

夏 朝の光・夕べの光

 
asayake070809.jpg

5:06am


yuuyake070809.jpg

18:34pm

夕暮れ時の,街の灯り

hall02.jpg

夕刻,街を歩いていると,暮れゆく空をバックにひときわ目をひくイルミネーションに足が止まる。
なんの店かと思って良く見ると、パチンコホールだ。
近頃のパチンコ屋さんは,一見それだと分からないものが多い。
ド派手なネオンサインや看板はご免だが、これくらいだと許せるかなあ。

hall01.jpg

50%

50.jpg

暑ぅおますなあ~。
気温も半値にまけてもらえまへんかなぁ。

熱帯夜

solviva.jpg

昨夜はなにか寝苦しいと思ったら,今朝湿度計を見ると70%近い。気温はさほど高くなくても湿度が高いと、こうも暑苦しいものだ。どうやら、また台風が近づいているらしい。
湿気を帯びた空気が肌にまとわりつく。
犬も散歩に出ようともしない。

そんなわけで,この頃の写真は,蔵出しのものばかり。

蝉の合唱~第二楽章~

shinosakabuil.jpg

ビルの谷間にも蝉の声が響く。
カテゴリー/月別アーカイブ
 
ユーザータグ

E-M1 FAmacro100mmF2.8 G.ZUIKO3.5/28mm LX5 琵琶湖 ZUIKO-D14-54mm K-3 DA16-45mmF4AL XQ1 DA35mmF2.4AL D7000 AF-S40mmMicro DAL50-200mm AF-S18-55mmf/3.5-5.6GⅡ SIGMAc17-70 AF28-70mmf/3.5-4.5D D80 LX100 K10D SIGMA17-70mmDCmacro KCP01 GX7 LUMIX14mm/F2.5 Lumix45-150mm LUMIX20mm/F1.7 X100 LX3 DP2s LUMIX14mm/F2.5+GWC1 VARIO LUMIX 45-150mm G SUMMILUX1.4/25mm KCP01K COLOR-SKOPAR35mmF2.5 K-7 LUMIX45-150mm CANON50mmf:1.8 F LF1 M.ZUIKO25mm/F1.8 E-420 XZ-10 DP3Merrill smcM50/1.7 SIGMA30mm/F2.8 LUMIX12-35mm/F2.8 LUMIX12-35mm/F2..8 FA GF1 M.ZUIKO60mm E-M5 ED12-50mm X100+WCL AF35mmF2 D300 K20D Ai105mmF4Micro X12 D90 AF35mm/F2 X10 AF-S18-70mm Ai-S55mmF2.8Micro AF55-200mm AF-S55-200mm K-5 D700 AF85mm/1.8D AF50mm1.8D smcA35-70 デジタルフィルター AT-X124 AT-XM100 *istD FA50mmF1.4 SIGMA70-300mmDGmacro AF18-105mm FA35mmF2AL A09 CX3 DA70mmF2.4Limited DA18-55mmWR COOLPIXs8100 DA18-55mmAL DA35mmMacroLimited GX100 

リンク
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索