pictlayer

走り去る一月

冬の海

暖簾

100104K7_P9071.jpg



前回に引き続き暖簾のカット。
このブログにも暖簾の写真はたくさん登場しているが、
どういうわけか、どこを歩いてもいつも暖簾が気になって必ず立ち止まってはシャッターを切る。
このように店じまいのあと仕舞われた淡い光のなかに浮かぶ暖簾まで撮る。

暖簾の何に自分が惹かれるのか、載っているはずもないが辞書を引いてみる。
屋号をしるすという目的と同時に、店先に張って日光を遮るという役割があるという。
もうひとつの使われかたは、店の信用とか名声。

語源を調べると、
禅の用語で寒さを防ぐためにかけられた垂れ布をいい、簾の隙間を覆い暖めることから名付けられたもの。

そのデザインとともに風に揺れる美しさについ目が止まるのだが、そこには暖簾の「暖」という意味も感じるのかもしれない。
どちらにせよ、その店を物語る顔であり、代表取締役のような大切な存在だ。
心して撮らせていただかなければならない、と肝に銘じる。

おふく

縁起物

100123INDX9299.jpg




一月も終わろうとしているのに家のあちこちに寅の置物が増えている。
ゴールドの寅の置物が幸せを呼び込む、とDr.コパが云ったらしい。

夜明けの色

無い物ねだり

090101K10D-15517.jpg



この冬は暖冬と云われながらも雪国はけっこうな積雪量のようです。
もう雪などうんざり、と思っておられる方も多いでしょうが、
京都市内は今シーズンまだまとまった雪は降っていません。
雪でご苦労なさっている地域の方々には申し訳ないですが、雪景色が見た~い。

この写真は一昨年のモスクワでのものです。

冬ざれの川原

透明性

シクラメン

舟屋の正月 四

舟屋の正月 三

舟屋の正月 二

舟屋の正月 一

窓辺のお正月

独楽

薄雪化粧の道

健やかに穏やかに

100101P5856.jpg


おっとり、ゆるめの眼差しで世を見つめる白い虎。

あけましておめでとうございます。
ことしもどうぞよろしくお願いいたします。

健やかに穏やかに暮らせる年になりますように。
カテゴリー/月別アーカイブ
 
ユーザータグ

K-3 DAL50-200mm DA16-45mmF4AL DA35mmF2.4AL E-M1 ZUIKO-D14-54mm FAmacro100mmF2.8 D7000 AF-S40mmMicro AF-S18-55mmf/3.5-5.6GⅡ 琵琶湖 SIGMAc17-70 AF28-70mmf/3.5-4.5D D80 XQ1 LX100 SIGMA17-70mmDCmacro K10D KCP01 LUMIX14mm/F2.5 GX7 G.ZUIKO3.5/28mm Lumix45-150mm LX5 LUMIX20mm/F1.7 X100 LX3 DP2s LUMIX14mm/F2.5+GWC1 G 45-150mm VARIO LUMIX SUMMILUX1.4/25mm KCP01K COLOR-SKOPAR35mmF2.5 K-7 LUMIX45-150mm CANON50mmf:1.8 F LF1 M.ZUIKO25mm/F1.8 E-420 XZ-10 DP3Merrill smcM50/1.7 SIGMA30mm/F2.8 LUMIX12-35mm/F2.8 LUMIX12-35mm/F2..8 FA GF1 M.ZUIKO60mm E-M5 ED12-50mm X100+WCL AF35mmF2 D300 K20D Ai105mmF4Micro X12 D90 AF35mm/F2 X10 AF-S18-70mm Ai-S55mmF2.8Micro AF55-200mm AF-S55-200mm K-5 D700 AF85mm/1.8D AF50mm1.8D smcA35-70 デジタルフィルター AT-X124 AT-XM100 *istD FA50mmF1.4 SIGMA70-300mmDGmacro AF18-105mm FA35mmF2AL A09 CX3 DA70mmF2.4Limited DA18-55mmWR COOLPIXs8100 DA18-55mmAL DA35mmMacroLimited GX100 

リンク
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索