pictlayer

長崎ちゃんぽんは、んまか

100823K7_P9212.jpg




長崎の熱が冷めぬまま、次の旅に出ることになりました。
長崎では思いもよらない大失敗をしてしまいました。
カメラの予備のバッテリーを持って行くのを忘れてしまったのです。
バッテリーの表示が減ったときに初めて気づいたのですが、後の祭り。
見渡す限りの砂漠が続く道路でガス欠寸前の車を走らせているようなものです。
仕方なく現地の電気店を当たりましたが、どの店も「在庫がなく、メーカーよりお取り寄せになります」と、まあ想像どおりの答え。
こういう時、弱小メーカー品はつらい。(だからPENTAXは機種によってはどこででも手に入る単3電池が使えるようにしていたのかもしれませんが、K-7はダメです)
ということで、今度は念には念を入れて準備万端整えて行ってきます。
チャンポンは堪能しましたから、今度は牛肉のおいしいところです。

長崎の旅・予告編

100823K7_P9734a.jpg



灼熱地獄の京都を抜け出して長崎へ行ってきました。
なぜ長崎なのか?
「長崎が俺を呼んでるから」などと気障な台詞は似合いませんから、「ただ行きたかったから」とだけ答えておきます。
私の旅はいつも唐突です。
日頃から本やテレビのドキュメンタリー番組などで自分なりにそれぞれの土地のイメージを作り上げているのですが、一度は我が身をその場に置いてこの目で見てみたいという場所がいくつかあります。
このところ、スケジュールが合うと思い立ったように急に出かけるというパターンで、そんな夢を一つ一つ実行に移しています。
今回はいろんな条件が重なって、たまたま念願の土地の一つ、長崎になったわけです。

長崎も日中はまだかなりの暑さで、歩き回ると大汗をかきましたが、京都とは暑さの「質」が何か違うんですね。
ハプニングや思いがけない出会いがたったの二日間にたくさんありましたが、いい汗をかき、いい旅になりました。

まだ写真の整理が追いつきませんが、少しずつアップして行きたいと思います。
きょうはとりあえず予告編ということで、、、。

清滝川

夏の表情 5

記録ストップ(>_<)*

100815K7_P8813.jpg



ついに記録が途絶えました。
誘惑の甘い罠は思わぬ時に思わぬ所で待ち構えているものです。
自らスイッチを入れたわけではないのですが、もともとエアコンが効いてひんやり快適な部屋を拒絶する勇気がなかったのです。
記録は破られるためにあるのだ、などと言い訳はしません。
もう夏が終わったわけではないが、盛夏の一ヶ月間の夜を冷房なしで過ごせたことには満足しています。
なにしろ暑い暑いと言いながらも、毎日おいしくビールを戴くことができたのだから。
「嗚呼旨い!生きていてよかった!」と幸せに浸れる瞬間を味わえたのだから。

それにしても昨日は本当に蒸し暑い一日でした。
残暑というのは人間の側が勝手に言っているだけの話だけど、これが一番応えます。
実際に同じ35℃でも今頃のほうがより暑く感じるから不思議です。
真只中の夏には「こんなものだ」という覚悟ができていてそこそこの暑さには耐えられるが、もう夏も終わりが近く涼しくなって当然と思い始めるといけません。
それと似ていて、もうひと月もがんばったんだ、これだけやればもういいだろうという甘えが記録のストップに繋がったのだと思います。

アホな記録挑戦にお付き合いいただき、ありがとうございました。
もう記録のことは書きませんが、たぶん少しは体調を気遣いながら自然体で続けると思います。
おいしい一杯のビールのために(^_-)

夏の夜のキャンバスを彩る

100815K7_P8899.jpg


久しぶりに田舎の夏祭りの花火を見た。
打ち上がる数こそ少ないが、こんなに近い距離から貸し切り状態でゆっくり楽しめるのはここしかない。

このあとは、市内とは体感で4~5℃は違う夜気の中、川のせせらぎを聴きながら気持ちのいい眠りについた。
連続無冷房就寝記録をカウントするのが申し訳ないほどだ。
ありがたい。

お蔭さまで 連続無冷房就寝 30日目(梅雨明け以降)

残暑お見舞い申し上げます

100814K7_P8774b.jpg



ちょっと更新が滞りましたが、記録は更新中です。
こんな「涼」を夢見ながら、、、。


連続無冷房就寝 28日目(梅雨明け以降)

通り過ぎる夏

100722K7_P7877.jpg



立秋が過ぎ、夜は幾分過ごしやすくなってきた。
こんなに秋を待ちこがれることもめずらしいが、夏の終わりというのは、いつもなにか一抹の寂しさを感じる。

連続無冷房就寝 25日目(梅雨明け以降)

青の世界

100809K7_P8401.jpg



連続無冷房就寝 24日目(梅雨明け以降)


犬も一服

100719K7_P7829.jpg



連続無冷房就寝 23日目(梅雨明け以降)

夜明けの月

100807K7_P8368a.jpg



連続無冷房就寝 22日目(梅雨明け以降)


Gallery

100719K7_P7852.jpg 100719K7_P7855.jpg

クリックで拡大します



連続無冷房就寝 21日目(梅雨明け以降)



夏の夜明け

100804K7_P8333.jpg



連続無冷房就寝 20日目(梅雨明け以降)

暁のランナー

100724K7_P7940a.jpg



連続無冷房就寝 19日目(梅雨明け以降)

ぷかぷかと雲が浮かぶ今朝の空

100804K7_P8311.jpg



連続無冷房就寝 18日目(梅雨明け以降)

夏の表情 4

100727K7_P8129.jpg



いやあ、昨夜は寝苦しかった。
と言うよりも、、寝るまでが大変だった。
夜になっても気温が下がらず、おそらく寝室の気温は30℃以上あったと思う。
アツアツのベッドに横になるのを躊躇しながら、クーラーの誘惑がちらちらと頭をよぎる。
いや待てよ、ここまで頑張ったんだ、こんなことでへこたれてどうする!、と自分を励ます。
いったいなんのためにそんなに頑張るのか、アホちゃう?とも思う。
そんなことをぐずぐず考えながらも結局いつの間にか眠ってしまったようだ。
カラダの適応力というのはすごいと思う。
暑い暑いとグチをこぼすのは脳の想いなのだ。

もうこうなったら初志貫徹!
でもみなさん、こんなバカな真似をしないでくださいね。


連続無冷房就寝 17日目(梅雨明け以降)

夏の表情 3

100629K7_P7168.jpg



連続無冷房就寝 16日目(梅雨明け以降)

アゲハチョウの旅立ち

100801K7_P8271.jpg



ベランダの鉢植えのグレープフルーツの葉に産みつけられた卵がいつの間にかなくなるので、これはヤモリの餌食になっているのだと思い、飼育ケースを買ってきて保護した。
無事に孵化し幼虫になると、むしゃむしゃ音を立てながらおもしろいほど葉を食べ、どんどん大きくなっていった。

やがて蛹になると、あれほど丸まると太っていたからだが小さくしぼんでしまい、じっと動かない姿を見ていると不安になってくる。
無事に羽化することを祈りつつ待つこと約一週間。
今朝起きて飼育ケースをなにげなく見ると、中に大きく羽を広げた立派なアゲハチョウがいるではないか。
我が子の誕生のような感動の対面。
大げさかもしれないが、信じ、見守り、待つことの大切さをあらためて思った。

しばらくベランダで飛行訓練をしていたアゲハは、今しがた夏の空へ飛び立っていった。


連続無冷房就寝 15日目(梅雨明け以降)

カテゴリー/月別アーカイブ
 
ユーザータグ

E-M1 FAmacro100mmF2.8 G.ZUIKO3.5/28mm LX5 琵琶湖 ZUIKO-D14-54mm K-3 DA16-45mmF4AL XQ1 DA35mmF2.4AL D7000 AF-S40mmMicro DAL50-200mm AF-S18-55mmf/3.5-5.6GⅡ SIGMAc17-70 AF28-70mmf/3.5-4.5D D80 LX100 K10D SIGMA17-70mmDCmacro KCP01 GX7 LUMIX14mm/F2.5 Lumix45-150mm LUMIX20mm/F1.7 X100 LX3 DP2s LUMIX14mm/F2.5+GWC1 VARIO LUMIX 45-150mm G SUMMILUX1.4/25mm KCP01K COLOR-SKOPAR35mmF2.5 K-7 LUMIX45-150mm CANON50mmf:1.8 F LF1 M.ZUIKO25mm/F1.8 E-420 XZ-10 DP3Merrill smcM50/1.7 SIGMA30mm/F2.8 LUMIX12-35mm/F2.8 LUMIX12-35mm/F2..8 FA GF1 M.ZUIKO60mm E-M5 ED12-50mm X100+WCL AF35mmF2 D300 K20D Ai105mmF4Micro X12 D90 AF35mm/F2 X10 AF-S18-70mm Ai-S55mmF2.8Micro AF55-200mm AF-S55-200mm K-5 D700 AF85mm/1.8D AF50mm1.8D smcA35-70 デジタルフィルター AT-X124 AT-XM100 *istD FA50mmF1.4 SIGMA70-300mmDGmacro AF18-105mm FA35mmF2AL A09 CX3 DA70mmF2.4Limited DA18-55mmWR COOLPIXs8100 DA18-55mmAL DA35mmMacroLimited GX100 

リンク
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索