pictlayer

出会いと感動と感謝

100831K7_P1097.jpg



今年も自分の目指す一枚を求めてたくさんの写真を撮りました。
なにを目指しているのかは自分でも定かではないのですが(>_<)*、振り返ってみると、狙って撮った写真よりも出合頭に撮った写真のなかに、印象的ものが多いことに気づきました。
ブレていようが、ピンボケであろうが、歪んでいようが、決定的一瞬をとらえることができた写真は、後から見てもその時の光やその場の空気が鮮明に蘇ってきます。
そこにしかない光、その瞬間でしか写せないものが、たしかにあるんだなあと思いました。
そんな写真を見ていると、このときここに居合わせてこんな写真を撮れたことに、驚きとともに感謝の気持ちが生まれます。
それはもう偶然としか云いようがないし、しかしまた、これに出会うために自分はそこにいたのだとも思います。
どちらにしても、これこそがまさに「有り難い」ご縁ということでしょう。
いつまでも、出会いに感謝と感動をすることができる心を持っていたいと思います。


今年も私の拙いサイトを訪ね、写真を見ていただきまして、ありがとうございました。
佳き年が訪れることを祈っています。

師走の影

冬のシルエット

朝霧

daystar

師走のショーウインドウ 3

101221K7_P7528.jpg                  101214K7_P6865.jpg 101214K7_P6926.jpg
                  101214K7_P6929.jpg

click for large image

Silent Night

Silent Morning

101221K7_P7174.jpg



@琵琶湖

光の彩

101223K7_P7602.jpg



美瑛・富良野に取り憑かれた写真家、中西敏貴さんの写真展「光の彩」に行ってきました。
学生時代、山とスキーに取り憑かれた私は、最近でこそ雪山と遠ざかっていますが、いまでも雪を見ると心ときめきます。
中西さんの写真は、そんな私の心を見透かしたように、美しい雪と光の光景で「おいでおいで」と誘うのです。
誘われてもなかなか行くことのできない現実を、中西さんのブログの写真を見てはなだめている毎日です。

素晴らしい写真の数々を、ぜひ足を運んでその目で確かめてください。
12月25日までです。
写真展の詳細は→こちらをご覧ください。

師走のショーウインドウ 2

101214K7_P6811.jpg 101214K7_P6812.jpg
101214K7_P6814.jpg 101214K7_P6883.jpg

click for large image





モスクワの朝

090102K10D-15563.jpg


2009.1. 2 8:16 am


外はまだ真っ暗なのに、旅先でもいつものクセと異国の地での興奮とで、パッチリ目が覚めてしまう。
コーヒーをいれたり、本を読んだり、暫くごそごそと過ごすが、一向に夜は明けない。
午前8時を回り、ようやく空が白み始める。
うっすら積もった屋根の雪が空の色を映す。
街灯がまだ薄暗い通りの一角を照らす。
そんな夜明けの色が、今も忘れられない。

クリスマスを待つドア

師走のショーウインドウ

101214K7_P6789.jpg 101214K7_P6808.jpg


click for large image



なに色?

101219K7_P7090.jpg


なんと名を付ければいいのか、言葉では言い表しようのない今朝の空の色。
写真を見せて、「こんな色」というほかないのはさみしいが、語彙の貧困さを、写真は補って余りあるほど饒舌に語ってくれる。

こんな時、フィルムで撮影すると思いがけない色に写っていることがあるが、今日のデジタルは見たとおりに再現してくれる。
でも、後で見て思いがけない色でも、“感じたとおり”に写るのはフィルムかもしれない。
ホワイトバランスとカスタムイメージを変え、リバーサルフィルムならこんな感じに仕上がるだろうと現像し直したのが下の写真。
どちらが好きかは個人の好みだろうが、こんなことまでできるデジタル技術は、いいか悪いかは別として、凄い。

101219K7_P7090R.jpg

12月の街角 4

101214K7_P6910.jpg                   
                   101214K7_P6828.jpg


click for large image

                    


12月の街角 3

101214K7_P6781.jpg           101214K7_P6825.jpg


click for large image



12月の街角 2

101214K7_P6848.jpg 101214K7_P6830.jpg

click for large image

12月の街角 1

SALE

師走の川

秋の後ろ姿

もみじ凍える

初冬の池

明けの明星

101208K7_P6641.jpg



この周りを回る軌道に乗るのを失敗したと言うけど、まあいいじゃないですか。
あんなところまで行くだけでも大変なことですよ。
星は遠くからその輝きを眺めていたほうがきれいだと思う、なんて夢のないことを言ってみる。
いや、そのほうが夢があるのかもしれない。
あんまり現実的にならず、この暁の空に光り輝く星はいったいどんなところかと、
想像力を膨らませているあいだのほうが。
釈迦は明けの明星が輝くのを見て真理を見つけたというから。

空寒く冬となる

101207K7_P6572.jpg



昔はこうだったのでしょうが、
最近ではこれほど気候が暦どおりぴったり合うのはめずらしいことです。

大雪の朝@広沢池

最後の輝き

初冬の影

地上の星座

雨の匂いが残る朝

101203K7_P6474.jpg



しっとりと濡れたもみじの葉が、思いがけない趣を感じせてくれる。
カテゴリー/月別アーカイブ
 
ユーザータグ

E-M1 FAmacro100mmF2.8 ZUIKO-D14-54mm AF-S40mmMicro D7000 DA16-45mmF4AL K-3 DA35mmF2.4AL DAL50-200mm AF-S18-55mmf/3.5-5.6GⅡ 琵琶湖 SIGMAc17-70 AF28-70mmf/3.5-4.5D D80 XQ1 LX100 SIGMA17-70mmDCmacro K10D KCP01 LUMIX14mm/F2.5 GX7 G.ZUIKO3.5/28mm Lumix45-150mm LX5 LUMIX20mm/F1.7 X100 LX3 DP2s LUMIX14mm/F2.5+GWC1 G 45-150mm VARIO LUMIX SUMMILUX1.4/25mm KCP01K COLOR-SKOPAR35mmF2.5 K-7 LUMIX45-150mm CANON50mmf:1.8 F LF1 M.ZUIKO25mm/F1.8 E-420 XZ-10 DP3Merrill smcM50/1.7 SIGMA30mm/F2.8 LUMIX12-35mm/F2.8 LUMIX12-35mm/F2..8 FA GF1 M.ZUIKO60mm E-M5 ED12-50mm X100+WCL AF35mmF2 D300 K20D Ai105mmF4Micro X12 D90 AF35mm/F2 X10 AF-S18-70mm Ai-S55mmF2.8Micro AF55-200mm AF-S55-200mm K-5 D700 AF85mm/1.8D AF50mm1.8D smcA35-70 デジタルフィルター AT-X124 AT-XM100 *istD FA50mmF1.4 SIGMA70-300mmDGmacro AF18-105mm FA35mmF2AL A09 CX3 DA70mmF2.4Limited DA18-55mmWR COOLPIXs8100 DA18-55mmAL DA35mmMacroLimited GX100 

リンク
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索