pictlayer

対照

暑い午後の街

いつもの席で

花盛り

きょうとあす

アクイレギアという名の花

皐月のもみじ

初夏のウィンドウ

ヒナゲシ ーーレディーバードーー

舞うように咲く

花と虹

140518GX7P1070798-C50mm.jpg



虹というのは実はウソで、フレアやゴーストと呼ばれるもの。虹ではなくレンズの内部で起こる光の反射による滲みだ。
義父譲りの年代物のCANON(一度カメラ店で見てもらったが、Ⅱ型なのかⅣ型なのかよくわからなかった)に付いていたレンズで撮ったもの。
調べてみると発売時期は1953年から1955年くらいだから、おそらく還暦を過ぎた代物だ。
デジタルカメラ用に作られた今のレンズではこんなものが出ないように設計されているようだが、それを寂しく思うのは、年代ものレンズと同じく還暦を迎えようとしている我が身だからかもしれない。
干支を一巡したオジサンが、同じ年格好のガラスの塊みたいな重厚な昔レンズを最新の軽量ミラーレスデジタルカメラにつけて楽しんでいる。
孫に遊んでもらっているおじいさんのようなものだろうか。

ほかにも↓オールドレンズで撮った味のあるモノを数枚。

+ Read More

川原の花

garden

チューリップ

140507LF1P1030012.jpg

5月のカフェ

140516DP2s2624.jpg
140516DP2s2631.jpg140516DP2s2629.jpg

カツラの新葉

五月の広沢池

140513LF1P1030029.jpg

鳴子蘭

奇跡のアゲハチョウ

140512GX7P1070547-20mm.jpg



昨年は我が家のグレープフルーツの葉にたくさんのアゲハチョウの卵が産み落とされ、数ヶ月の飼育の後、合計15頭の成虫が巣立っていきました。
毎年5頭くらいは育てるのですが、昨年は特に豊作の年でした。
グレープフルーツの果実が豊作ならいいのですが、次々産み落とされる卵を保護していたらこれまで一つだった飼育カゴが手狭になり、もう一つ大きいのを買い足すはめになりました。
5齢幼虫にまで育つと葉を食べるわ食べるわ、小さなプランターのグレープフルーツの葉だけでは到底間に合わず、お隣の庭になる柚子の木の葉を分けていただきながら大きく育っていきました。
ところが、10頭を越える当たりから毎日の点呼が大変になり、すべての生存を把握しきれなくなりました。
そんな中、旅行で三日ほど家を離れなければならなくなりました。
もう蛹から蝶に羽化しそうな個体もあったので、カゴの蓋を閉めずに出かけました。すると家に戻ってみると大変。羽化したのはいなかったのですが、多くの幼虫がカゴから脱出して家の中をうろついているヤツや、家具の扉で蛹になっているヤツやら、もう我が家は蝶屋敷と化していたのです。
そんな散り散りバラバラになったアゲハチョウの数を数えてみると、一頭足りないのです。確か16頭いたはずなのだが、、、。
結局他の15頭が全部巣立っていってもその16頭目は見つからず、かわいそうながら諦めました。
それが半年の時を経て奇跡が起きたのです。
今朝散歩から戻り水を飲もうとキッチンに行くと、冷蔵庫の前の床に小さな蝶々が羽を広げて横たわっているのです。窓も開けていないのにどこから入ったんだろうと不思議に思いながら手を伸ばし触ってみるとちゃんと生きています。
どうもまだ羽化したばかりで、羽根を乾かしていたようです。
冷蔵庫の底かどこかで越冬したのでしょうか。
それにしても、半年蛹の姿でずっとここにいたことを考えると、信じられない思いです。寒い冬を飲まず喰わずで干涸びもせず生き延びたと思うと感動で胸が熱くなりました。
ベランダのナデシコの鉢植えに放してやると、一生懸命蜜を吸い、飛び立つためのエネルギーを蓄えているようです。
命は不思議。命は素晴らしい。
私たちも日々そんな奇跡を生きているのでしょう。


140512GX7P1070549-4515.jpg

杜若

お母さんいつもありがとう

GX7P1070324-20.jpg



母の日。
いまは実の母はもういない。
なくして分かる母の有り難さ。
生きているうちにもっとありがとうと伝えたかった。
だから、義母には生きているうちにできるだけのことはしたい。

春のイチョウ

E-M1P5062334-100mm.jpg E-M1P5062321-100mm.jpg

クリックで大きくなります



銀杏と書いてイチョウ。
もともとは蝶の姿に似ているところからイチョウと名付けられたという話を聞いた。
たしかに無数の蝶がひらひらと飛んでいるように見える。
黄色く色づいた秋のイチョウの葉もいいが、この時期の銀杏の色が好きだ。

麦の穂

140508GX7P1070374-50mm.jpg



ビールが旨い季節になりました。
と言っても年中飲んでいますが、、、。
こういうのを見つけるとすぐにビールを連想して喉を鳴らしてしまうのが、ビール馬鹿です。

ヘビイチゴの花

直線美

曲線美

5:31 AM

140516DP2s2595.jpg140516DP2s2601.jpg



どんどん夜明けが早くなる

田植えの頃

緑あふれる季節

140503DP2s2554.jpg

Trattoria Casareccio にて

カテゴリー/月別アーカイブ
 
ユーザータグ

DA16-45mmF4AL K-3 DA35mmF2.4AL DAL50-200mm AF-S40mmMicro D7000 AF-S18-55mmf/3.5-5.6GⅡ FAmacro100mmF2.8 琵琶湖 SIGMAc17-70 E-M1 ZUIKO-D14-54mm AF28-70mmf/3.5-4.5D D80 XQ1 LX100 SIGMA17-70mmDCmacro K10D KCP01 LUMIX14mm/F2.5 GX7 G.ZUIKO3.5/28mm Lumix45-150mm LX5 LUMIX20mm/F1.7 X100 LX3 DP2s LUMIX14mm/F2.5+GWC1 G 45-150mm VARIO LUMIX SUMMILUX1.4/25mm KCP01K COLOR-SKOPAR35mmF2.5 K-7 LUMIX45-150mm CANON50mmf:1.8 F LF1 M.ZUIKO25mm/F1.8 E-420 XZ-10 DP3Merrill smcM50/1.7 SIGMA30mm/F2.8 LUMIX12-35mm/F2.8 LUMIX12-35mm/F2..8 FA GF1 M.ZUIKO60mm E-M5 ED12-50mm X100+WCL AF35mmF2 D300 K20D Ai105mmF4Micro X12 D90 AF35mm/F2 X10 AF-S18-70mm Ai-S55mmF2.8Micro AF55-200mm AF-S55-200mm K-5 D700 AF85mm/1.8D AF50mm1.8D smcA35-70 デジタルフィルター AT-X124 AT-XM100 *istD FA50mmF1.4 SIGMA70-300mmDGmacro AF18-105mm FA35mmF2AL A09 CX3 DA70mmF2.4Limited DA18-55mmWR COOLPIXs8100 DA18-55mmAL DA35mmMacroLimited GX100 

リンク
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索