pictlayer

大晦日

E-M1PC228058-28mm.jpg



大晦日。とは言ってもなかなかそういう気分にはなりません。
年々、一年が終わり新しい年を迎えるという感覚が薄れていく気がします。
年末気分に浸ることができるかと思って、日頃手をつけないところを掃除してみました。とても大掃除などと言えるものではありませんが。
一年の垢を落とすつもりで懸命にデッキブラシでゴシゴシと玄関の周りを擦っていたら、一時無になれました。
心の垢がとれたかというと、そう簡単にはいかないというのが答えです。
振り返ると、身の回りのことや世の中の出来事に心を揺さぶられっぱなしの年だった気がします。
一つひとつの出来事に、戸惑い、怒り、迷い、自分の道筋を失いそうになっていたことに、あらためて気づきます。
そして、ちょっと考えすぎだったかな、とも思います。
常々、考えるよりも感じることを大切にしようと思っていますが、そこのところが疎かになっていたのかもしれません。

ちょっと話が逸れますが、今年は一台もカメラを買わなかった年でした。
それだけは物欲を堪えた自分を褒めてやってもいいかなと思います。
欲しいものがないと言ってしまえばその通りなのですが、いま手持ちのカメラが身の丈に合っているというか、いやそれどころかまだまだ使いこなせていないというのが実情です。
そんな優秀な性能のカメラたちをしっかり使いこなして、自分の思い描く写真を撮れるように、来年は「感じる心」を大切にしたいと思っています。

今年一年、拙いブログをご覧いただいた皆様には心から感謝いたします。
新しい年も健やかで実り豊かな年になりますことをお祈りします。

静かな年の瀬

E-M1PC228063-28mm.jpg



メインストリートから外れて石塀小路に入ると、
街の喧噪から程遠いひっそり静まりかえった師走があった。

+ Read More

景気の問題

クリスマスプレゼント

E-M1PC228026-28mm.jpg



サンタクロースは酒を抱えてやってきた。
ライカではなく。
    これでいいのだ。

眼福か目の毒か

E-M1PC228024-28mm.jpg



東山のほうに用事があったのでそれならついでにと軽い気持ちで立ち寄ったのがいけなかった。
いや、正直に言うと決して軽い気持ちではなかった。
祇園にライカ京都店ができたと聞いて以来これまで何度も行ってみようとは思ったものの、僕には敷居が高かった。
今回はちょうど憧れのセイケトミオさんの写真展が開催中だったので、その作品だけでもと思って訪ねてみた。
京町家の佇まいをそのまま残したライカストアは、まるで一見さんお断りの高級料亭のようで、やはり格子戸を引く手には力が入る。
1Fのショップは横目で一瞥しただけで、そのまま2Fのギャラリーに上がった。
しばし誰もいない静かな空間でセイケトミオさんの世界に浸る。
モノクロームで写し出されたベニスの風景は、奥行きと、行ったこともない彼の地の空気さえ感じる。
自分がその場に立っているような気持ちにさせられる。

いい作品を見た喜びのまま大人しく帰ればよかったのだけど、やはりその作品を生み出したカメラを知りたくなる。
しかもそれは階下のショップに手に取れるように並んでいる。
腕は買えなくてもカメラは買える。もちろん僕にはどちらも持ち合わせていないが、、、。
そのまま帰ろうとも思ったが、折角だからと勇気を出してずらりと並んだ中からライカMを手にしてみた。
持った瞬間にこれまでさまざま触れてきたカメラとの圧倒的な差を感じた。
どうしてここまで高い価格を付けられるのかという素人考えが、その重みと質感で瞬間に吹き飛んだ。
シャッターを押してみた。
もうここで完全にライカウィルスに感染してしまった。えらいこっちゃ!
デジタルカメラ全盛の時代に、これほど写すという行為に喜びを感じるカメラはないのではないか。
ライカ信者の気持ちがやっと少しだけわかった気がした。
宝くじでも当たらない限りどう足掻いてもそんな資金は出てこないので発病することはないと思うが、微熱はしばらく続きそうだ。
なにごとも体験してみなければわからない。

摂氏0度の朝

E-M1PC207975-20mm.jpg



キーンと冷えた空気で手袋をはめていても指先が痛い。
ようやく冬が来たことを実感する。
木々もおおかた葉を落とし、樹形を楽しむ季節が来た。

初冬の空染めて

151212DSCF1951.jpg

師走のドア

冬が来る前に

151212DSCF1954.jpg



@地蔵院

マイペース

151206DP2s4300.jpg



今年の紅葉は”生煮え”のまま終わってしまったと諦めていたが、すっかりここのことを忘れていた。
こことは、苔の寺として有名な西芳寺を通って桂川に注ぐ西芳寺川沿いのモミジのことだ。
鈴虫寺に行かれた方はご存知かもしれないが、隠れた穴場である。
というのも、どこよりも半月近く遅れて紅葉するので、一般的な最盛期にはまだ青々とした葉を付けているので目立たない。
12月に入って、もうすっかり紅葉熱の冷めた人たちがたまたま通りかかっては驚いて脚を止めている。

今年の11月は気温が高く、他所の紅葉は色付きが悪かったが、ここのモミジは晩生なのが幸いしたようだ。
いつも色づき始める12月に合わせて急な冷え込みが来たので、何食わぬ顔をしていつも通りゆっくり紅葉している姿が「あんたら、慌て過ぎや」と言っているようで逞しい。
まだしばらく楽しめそうだ。

過去の写真はこちら→12月のもみじ グラデーション 雨の匂いが残る朝 もみじ#12

trompe-l'œil

151016GX7P1310531-20mm.jpg



@Vancouver

浮かぶ瀬もあれ

カテゴリー/月別アーカイブ
 
ユーザータグ

E-M1 FAmacro100mmF2.8 ZUIKO-D14-54mm AF-S40mmMicro D7000 DA16-45mmF4AL K-3 DA35mmF2.4AL DAL50-200mm AF-S18-55mmf/3.5-5.6GⅡ 琵琶湖 SIGMAc17-70 AF28-70mmf/3.5-4.5D D80 XQ1 LX100 SIGMA17-70mmDCmacro K10D KCP01 LUMIX14mm/F2.5 GX7 G.ZUIKO3.5/28mm Lumix45-150mm LX5 LUMIX20mm/F1.7 X100 LX3 DP2s LUMIX14mm/F2.5+GWC1 G 45-150mm VARIO LUMIX SUMMILUX1.4/25mm KCP01K COLOR-SKOPAR35mmF2.5 K-7 LUMIX45-150mm CANON50mmf:1.8 F LF1 M.ZUIKO25mm/F1.8 E-420 XZ-10 DP3Merrill smcM50/1.7 SIGMA30mm/F2.8 LUMIX12-35mm/F2.8 LUMIX12-35mm/F2..8 FA GF1 M.ZUIKO60mm E-M5 ED12-50mm X100+WCL AF35mmF2 D300 K20D Ai105mmF4Micro X12 D90 AF35mm/F2 X10 AF-S18-70mm Ai-S55mmF2.8Micro AF55-200mm AF-S55-200mm K-5 D700 AF85mm/1.8D AF50mm1.8D smcA35-70 デジタルフィルター AT-X124 AT-XM100 *istD FA50mmF1.4 SIGMA70-300mmDGmacro AF18-105mm FA35mmF2AL A09 CX3 DA70mmF2.4Limited DA18-55mmWR COOLPIXs8100 DA18-55mmAL DA35mmMacroLimited GX100 

リンク
このブログをリンクに追加する
ブログ内検索