クロアゲハ誕生

171104LX5P1010125.jpg
171104LX5P1010118.jpgE-M1PB043303.jpg



我が家では二頭目となるクロアゲハが誕生した。
誕生と言うより正確には羽化と言うのだろうが、蝶の成長を見ていると、その姿形の変貌からは「二度産まれる」というのが実感だ。
どの段階を誕生というのかわからないが、所謂蝶々の形として姿を見せるのは羽化した後である。
卵が孵化し毛虫〜幼虫と変わっていく過程にも驚きがあるが、やはり蛹から羽化するときの感動は大きい。(羽化の瞬間をご覧になりたい方はこちらの動画をどうぞ→アゲハチョウの羽化
それは蛹という不思議な沈黙の期間があることに関係する気がする。
目に見えないブラックボックスの中でいったい何が起きているのか?
心理学者の河合隼雄さんの言葉がそのヒントになる。

 思春期の前というのは子供なりにある程度自分というものができてくる時期なんです。そして、ある程度できたところで、もういっぺん作り直して、大人という変なものにならなくてはいけない。これはアオムシが蝶になるのといっしょじゃないでしょうか。
 人間だってこどもがおとなになるというのは大変なんです。ものすごく大変で、その蛹の時代が思春期なのです。そのとき、アオ虫は蛹という殻に囲まれて、一見何にもしないでぶら下がっているようですが、実は蛹の中でものすごい変革が起こって、そして蝶になる。だから私は、人間も思春期にはすごい変革が起こっていると思います。そのときにどの子供たちも人間存在の非常に根源的な魂の部分に触れていると思うのです。
 それはどういうことかというと、わけがわからんということです。思春期の子供がものを言わなくなるのは当たり前なんです。あれは隠しているとかなんとかじゃなくて、何を言っていいのかわからないわけです。蛹だったら殻に入って黙っていたらいいんですが、人間は殻に入って黙っていることができない。親は色々話しかけてくるわけですが、関心を持っているレベルと違うものが動いているから、「もうほっといてくれ」と言いたくなる。
 魂の底からもういっぺん自分を作り上げるという作業をしますので思春期は大変なのですが、そのときに蛹の殻のように、その子をぐっと守っている力が強いほど、その子はそこを乗り切ることがうまくできる。そしてその蛹の殻は誰かというと、家族であり、地域であり、学校であり社会です。

 河合隼雄「こころの最終講義」より

虫嫌いだった私をこれほどまで惹きつける蝶は、命の不思議と自然の摂理を教えてくれる偉大な教師だ。
Asian Sea
Posted byAsian Sea

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply